• ホーム>
  • 個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて

社会福祉法人瑞祥個人情報保護規程

目的

第1条

本規程は、個人の尊厳を最大限に尊重するという基本理念のもと、社会福祉法人瑞祥( 以下、「瑞祥」という。)が保有する個人情報の適正な取り扱いに関して必要な事項を定めることにより「個人情報の保護に関する法律」及びその他の関連法令等を遵守することを目的とする。

定義

第2条

この規程において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいう。

利用目的の特定

第3条

個人情報の取得に当たっては、できる限りその利用目的を特定しなければならない。
2 利用目的を変更する場合には、本人に通知又は公表するとともに、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えて行ってはならない。

利用目的の通知等

第4条

前条の利用目的は、あらかじめ公表されている場合を除き、本人に通知し、又は公表しなければならない。また、本人の同意を得ないで、利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならない。

個人情報な適正な取得

第5条

個人情報は、第3 条に定める利用目的の範囲内において、適正かつ公正な手段によって収集されなければならない。

個人情報の安全管理

第6条

1 瑞祥は、保有する個人情報の安全管理のため、組織的、人的、物理的、及び技術的措置を講じなければならない。
2 職員は、業務を通じて知り得た個人情報は、秘密として厳守し、在職中はもちろん退職後といえど第三者に漏らさない。

職員及び委託先の監督

第7条

瑞祥は職員( ボランティア等を含む。) 及び個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合はその委託を受けた者に対し、個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行わなければならない。

個人情報の第三者への提供

第8条

瑞祥は、法令による場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ることなく、個人情報をみだりに第三者に提供してはならない。

個人情報の開示、削除等

第9条

瑞祥は、本人から自らの個人情報について開示、訂正、追加又は削除を求められたときは、必要な確認を行い遅滞なく対応しなければならない。

苦情対応

第10条

瑞祥は、個人情報の取り扱いに関する苦情を受け付ける窓口等を設置し、苦情の申し出があった場合は、適切かつ迅速に処理するように努めなければならない。

附則

この規程は平成17 年4 月1 日から、施行する。

個人情報の使用目的

社会福祉法人瑞祥

1. 利用期間

介護サービス提供に必要な期間及び契約期間に準じます。

2. 利用目的

  1. (1)介護保険における介護認定の申請及び更新、変更のため
  2. (2)利用者に関わる介護計画(ケアプラン)を立案し、円滑にサービスが提供されるために実施するサービス担当者会議での情報提供のため
  3. (3)医療機関、福祉事業者、介護支援専門員、介護サービス事業者、自治体(保険者)、その他社会福祉団体等との連絡調整のため
  4. (4)利用者が、医療サービスの利用を希望している場合および主治医等の意見を求める必要のある場合
  5. (5)利用者の利用する介護事業所内のカンファレンスのため
  6. (6)行政の開催する評価会議、サービス担当者会議
  7. (7)その他サービス提供で必要な場合
  8. (8)上記各号に関わらず、緊急を要する時の連絡等の場合

3. 使用条件

  1. (1)個人情報の提供は必要最低限とし、サービス提供に関わる目的以外決して利用しない。また、利用者とのサービス利用に関わる契約の締結前からサービス終了後においても、第三者に漏らさない。
  2. (2)個人情報を使用した会議の内容や相手方などについて経過を記録し、請求があれば開示する。
ページトップへ